2015年8月25日火曜日

93. 8月27日配信予定のメルマガ!

皆様、こんにちは!
シーエフネッツ大阪支社 北村です。

夏季休暇を終え、月末に向け頑張っております!!

本日もクリックお願いします。


社会・経済 ブログランキングへ

毎週、木曜日に配信しています『メルマガ』を

先にブログにアップします。

タイトルは
今年の閑散期は賃貸の解約が多くて困っています。その対処法・予防策』

--------------------------------------------------------------------------------

夏季休暇が終わり、気温は少し涼しくなり過ごしやすい時期になりつつあります。

一般的に夏は引っ越しニーズが落ち込む時期で閑散期と言われています。

その時期に解約にならないように、あえて空室期間があけ繁忙期中に好条件で決める

・早期解約違約金などで退去しにくい条件設定で、閑散期中の解約を出来るだけ防いで

きましたが、今年の閑散期では立て続けに解約連絡が入ってきています。



8月中のみで3室の解約連絡があり、退去理由は結婚・退職による引っ越し(2件)

解約の理由は必ず確認しその上で交渉で対応できる内容なのか、難しいものか判断し

ます。

今回のように結婚や退職という元の理由は交渉では無理ですが、

例えば結婚の場合、ワンルームからファミリー物件の引っ越し先が決まっていない場合

のお手伝いや物件購入など、次に繋げられる可能性があります。

また、退職が理由の方は仕事をやめて実家に戻るという方が多いので、次に繋がりにく

く購入を希望してもローンが難しいため、退職の場合は同僚などで引っ越しを考えている

人はいないかなど、とりあえず聞いてみるのもいいと思います。もし、紹介して頂けける

のであれば、退去費用のクリーニング代をオーナー様持ちでなど交渉しても面白いです。



実際に、私は東京本社から大阪支社に転勤の際住んでいたマンションに後輩を住ませて

退去時一銭も支払わず退去しました。オーナー様にとっては空室期間がなくリフォーム費

用も抑えれるのでWINWINな交渉だと思います。


出来る限り閑散期に解約にならない方法と閑散期でも決めれるテクニックを
より鍛えていきたいとこの夏、解約が多いため改めて実感しました。

  

来週も是非ご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿