223.目に見える、部屋が決まらない要因 ~ハト問題~①

皆様、こんにちは。
シーエフネッツ大阪支社 北村です。

『繁忙期中に1部屋でも多く、決める』
これを毎年のテーマとして。

今年もまだ繁忙期真っ只中ですが、
1件、目に見える要因で決まらない部屋があり
解決するまで、色んな事情もあり書けなかったのですが
ようやく無事に解決したのでブログに書きます。

一般的に部屋が決まらない理由として
様々ありますが代表的に4つのPで表します。

Place(立地)
Product(物件)
Price(募集条件)
Promotion(営業促進)

決まらない理由を上記に当てはめて、何が足らないのか
他の物件と比較して、衰えるところを分析すると
自然と直すところがわかります。

今回の問題は、立地・募集条件・営業促進は問題ないけれど・・・
Product(物件)の管理状況が悪く、入居者様の案内は入るが
成約まで至らない状況でした。

大きな要因はハトの問題でした。

しかし、分譲マンションでハト除けネットをしている部屋としていない部屋があり、していない部屋にハトが住み着き、その結果、当部屋(ネットしている)までもがベランダに羽や糞がされている状況でした。
クリーニングあと、1か月ほどは綺麗でしたが、時間が経つと被害が増え案内時、それを見た人は住みたがらないということでした。

頻繁に掃除をすると、一時的に部屋が決まるかもしれませんが入居後、クレームの要因になりかねないため、ここは根本的にマンション全体で対処しようと、管理組合に相談しました。

長くなりましたので、また次回更新します。

本日もクリック宜しくお願いします。

不動産投資 ブログランキングへ