物件情報・販売図面から読み解く 《物件概要》 チェックポイント①②

皆様、こんにちは
シーエフネッツ 北村です。

物件概要の中から
少しずつ、掘り起こして説明します。

①住所と駅距離について












ホームズ賃貸経営 参照
無料で誰でも見れるサイトです。
リンクを貼っておきます。
http://toushi.homes.co.jp/owner/

都心部では5分圏内の需要が多く
地方になれば、車社会の影響により
駅距離は長くなる傾向があります。

おそらく、都心部で10分も歩けば
どこかしらの駅に着くと思いますので
15分圏内までの検索になっていると
予想できます。

仮に都心部で駅距離が遠いのであれば、
自転車置き場やバイク置き場など
物件自体に付加価値をつける必要があります。
同等物件で駅から近いのと、遠いでは
近い方から埋まっていきますので。

次に
②部屋の広さについて












都心部は単身者の需要が多く、
主に20〜25㎡の層が多いことに比べ
地方では、ファミリーの需要が多い。
よって、60㎡以上の物件が好まれる
傾向があります。

データからわかるのは
需要と供給のバランスです

都心部は駅近の単身向きの物件が
好まれるとわかりますが
その分、ライバルも多く
供給数も多くなっています。

結局のところ
そこでもなお差別化する必要があると
いうことです。

ただし、購入前にある程度
どんな需要・供給傾向か把握した方が
今後の不動産運営を円滑に行える
可能性が高まることは間違いないです。




不動産ランキング