年末は価格交渉が効きやすい!?

弊社の年末年始は2017年12月28日~2018年1月4日までお休みを頂きます。
世間の会社で早いところでは12月23日から休みになるところもあるようで今日から年末の挨拶回り始めました。
同業社は27日(火)からの休みが多く、私もバタバタしております。
年内ラストの日曜日だけあって今週、24日(日)がおそらく契約が1番多いのではないでしょうか。
銀行の年末年始は基本カレンダー通りのため、29日まで営業していますが法務局が29日から休みのため28日が駆け込みが多くなりそうです。

12月は年度末ともあって、各業者なんとしても年内に計上したいがために価格交渉も通りやすい可能性があります。
ただし時間がない分、購入意思表示をすぐに出来るかつ、現金での購入を条件にしている会社が多いです。
今月の契約でいうと、2580万円が2000万円の価格交渉が成立しました。
月内契約かつ融資特約なしという条件ですが、すぐに転売してもいいくらいの価格交渉が成立しました。

その他、価格交渉はできなかったものの好立地物件が水面下で売り出しになったり年内に売り上げ計上したい業者が棚卸しています。
物上げ業者もまた年内駆け込みで中間省略形態で他社に取られないよう、普段ある程度利益幅がないとA-B間の契約を行わない会社も微々たる利益でもいいからA-B間を契約する会社が増えてきています。
その結果、A-B間とB-C間と利幅が仲介手数料並みの手数料になり、それなら共同仲介の方が良かったのではないかという契約も多いです・・・。
中間省略の場合、売主業者となり瑕疵担保期間が2年間となるため。(業者にとってリスクだけ高くなります。)

弊社休みまで5日間もあるため、まだ諦めず市場より安い物件を仕入れたいと思います。
特に要望が多い、都心3区を。(港区・中央区・千代田区)



不動産ランキング